コリドラス飼い方とポイント!

アクアリウムはじめ方ガイドコリドラスの飼い方

入門魚としても最適な比較的飼育のしやすい種類の魚です。

かわいらしい容姿をしていて、様々な種類が日本で流通しています。

実はコリドラスはナマズの仲間なんです。

今回はそんな魅力たっぷりな水槽のお掃除屋さん「コリドラス」の飼い方を見ていきましょう!

スポンサーリンク

ナマズ目カリクティス科コリドラス亜科コリドラス属に分類されている小型のナマズなんです。

性格は非常に大人しく同じ大きさの熱帯魚だとほとんど混泳できます。コリドラスから争いを起こすことはほとんどありませんので、安心して混泳ができる熱帯魚でもあります。

コリドラスは基本的に低層で泳いでいて、低床に口を突っ込んでエサを漁ります。

この時に食べ残しなどを食べてくれるので、水槽のお掃除屋さんとも呼ばれます。

 

コリドラスに適した環境とは

コリドラスの全般的な特徴をこちらで一覧にしてみました。

水質 中性~弱酸性(7~5.8前後)
エサ 基本的には食べ残しを食べてくれるが、ペレットタイプのエサも与える
群れ コリドラスは群れで泳ぐので、水槽に入れる際には3匹以上入れる
大きさ 種類によって違いますが、大体6cmくらい
活動時間 昼行性
遊泳層 低層

飼育するときのポイント!

上記の特徴以外にもコリドラスを飼育する上でのポイントがいくつかあります。

特に繁殖まで考えている場合ですと、ポイントを押さえておいた方がより成功率が上がるかと思われます。

 

低床を用意しよう

コリドラスは低層を泳ぐ熱帯魚です。

沈んでいるエサを地面に口を突っ込んで探しながら泳ぐのが特徴です。

その時に食べ残されたエサなども食べてくれるので、水槽のお掃除屋さんと呼ばれています。

 

低床選びのポイント

では、どのような低床がコリドラスにとって良いのでしょうか。

ポイントとしては、エサを探しやすい低床であることです。

エサを探すときには、砂を口に含んで吐き出すということを繰り返します。

なので、目が細かく、尖っていない低床を選んであげたほうが良いでしょう。

オススメは、ソイル系や砂、細かな砂利系の低床です。

特にソイル系だと水質を弱酸性に持っていけるので、快適な飼育環境を整えられます。

 

隠れられるスペースを確保する

コリドラスは臆病で大人しい性格の個体が多いです。

そこで、ストレスを軽減する意味も込めて流木や、水草などを設置して隠れられるスペースを作ってあげてください。

繁殖する場合には、この隠れられるスペースや水草が重要になってきます。

スポンサーリンク

水草とも相性ばっちりでも待って!

コリドラスは水草が大好きです。産卵した卵を引っ付けるほどです。

しかし、コリドラスは低床を口で掘り返してしまいますので、水草などを引き抜いてしまう可能性があります。

なので、水草は少し深めに植えるとか、低床の厚みを少し足して掘り返されないようにすると良いかと思います。

水草に関しては、根を張るようなものにすると少し抜けにくくなるので対策になるかと思います。

 

フィルターは外部フィルターがおすすめ

コリドラス水槽は水草を植える方が非常に多いので、オススメのフィルターは外部フィルターです。

また、上部フィルターなどと違い、水流をある程度自由に作れるというメリットがあります。

ただ、外部フィルターは酸素を取り込みにくいというデメリットもあるので、生体が多いなど不安要素があるようであれば、エアーレーションを行ったり、水流を水面に向けて出すことで水中に酸素を取り込むことができるので、そのような対策を取るのも良いかと思います。

僕が飼っていた時には、水草を多めに入れていたので、特に対策するようなこともなく、育てることができていたので、それほど神経を使う必要はないかと思います。

 

綺麗なコリには棘がある

実はコリドラスには毒を持っている種類がいます。

コリドラスの胸ひれのところに棘がついており、そこから分泌されます。

種類によりますが、刺されても腫れる程度の毒なので、神経質になる必要はありませんが、それでも十分に注意して作業してください。

 

持ち運ぶ際の注意点

コリドラスの毒は、ただ刺したときに出るわけではなく、ストレスを感じると自然と分泌されるようになっています。

ですので、ペットショップから持ち帰る際など、極力ストレスを与えないようにしましょう。

袋に入れる際に個別に1匹ずつ分けて帰られる方もいらっしゃったので、気になる方は個別に持って帰っても良いかもしれません。

 

まとめ

コリドラスとは小型のナマズの種類で、非常に大人しい熱帯魚です。

群れで泳ぐので飼育する際には、3匹以上で飼ってあげるようにしましょう。

また、臆病な性格でもありますので、流木や水草など隠れられるスペースを作ってあげると良いでしょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください