熱帯魚のエサの種類について

アクアリウム水槽の必需品餌について

ペットショップにエサを飼いに行くと様々な種類のエサが大量に陳列されていて

どれを買えばよいかわからないという方も多いと思います。

そこで今回はエサの種類についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

熱帯魚のエサの代表と言っても良いと思います。

粉々にした葉っぱのようなものがこれにあたります。

主に小型魚のエサとして使われていて、グッピーのエサとか

ネオンテトラのエサなんて名前でうられていたりします。

水の上に浮くので、中層以上の魚だと水面に浮いた餌を食べているところ見られると思います。

 

ペレットタイプ

こちらは主に低層の魚にエサをあげたりする目的で使用します。

囲碁で使う碁石のような形で水槽に入れるとすぐに沈んでいきます。

なので、低層のコリドラスなどにも満遍なく餌付けできるのが利点です。

ただ、魚の量によっては、ペレットが残ってしまい、水質悪化につながってしまいますので、

割って少量ずつ入れるようにするとよいでしょう。

 

粒・顆粒顆粒タイプ

こちらもフレークタイプのように浮くタイプのエサで、1つ1つが粒状になっています。

ベタのエサとして売られているのがこのタイプだったりします。

粒タイプもフレークタイプもエサやりの仕方は同じですが

個体が小さく粒タイプが食べられない場合もあるので

フレークタイプで様子を見てから使用した方が無難かと思います。

 

赤虫・イトミミズ・ミジンコ・ブラインシュリンプ

餌の中でも、最も食いつきが良いエサです。

人間でいえばステーキとかすき焼きみたいなごちそうになります。

栄養価も高く稚魚の育成等にも役立つものもあります。

反面、水質の悪化を招きやすく与えすぎるとすぐに水が汚れてしまいます。

 

乾燥エサタイプ

イトミミズなどの自然にあるエサを乾燥させたものです。

食いつきがよく見ていて気持ちいいくらいの食べっぷりですが、

水を汚すのでご褒美感覚でたまに与えるくらいでよいと思います。

スポンサーリンク

冷凍エサタイプ

イトミミズなどの生餌をそのまま冷凍保存したものです。

水槽の水で解凍して、与えます。

こちらも食いつきが抜群に良いですが、

水が非常に汚れるのでたまに与える程度にした方がよいでしょう。

 

ブラインシュリンプ

ブラインシュリンプも冷凍のものなども販売していますが、家で孵化させることもできます。

ペットショップで卵を購入して、家でふ化させて与えます。

稚魚が生まれたときなどはこのブラインシュリンプを与えたほうが

栄養価が高いので、成長の助けにもなってくれます。

ただ、自宅でふ化させるので、小型の水槽などが別途必要なことと、

手間がかかるのが難点です。

ブラインシュリンプの沸かし方はこちら!

ブラインシュリンプを孵化させてみよう!!

 

インフゾリア

生まれてすぐの稚魚でブラインシュリンプも食べられないほど小さい種類にはインフゾリアを与えます。

こちらも自宅で発生させることがきでるので、重宝します。

自宅で沸かすための方法は別の記事でご紹介いたします。

 

注意点

フレークやペレットのタイプなどのエサは種類があります。

草食用と肉食用にわかれていたりするので、

購入する際にはこの熱帯魚にあげようと考えているのですがと店員さんに確認するようにしましょう。

また、店で与えているエサを聞いてそれに合わせるというのも

熱帯魚がエサを食べなくなることが少なくなりますので、効果的だと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください