水槽の選び方

アクアリウム始め方ガイド準備編水槽の選び方

実際に熱帯魚を飼育する際に一番に買い揃えるものが水槽だと思います。

大きさや材質も様々ありますので、どれを買えばよいかわからないという方も多いかと思います。

そんな方のためにここではおすすめの水槽の大きさ、材質による特徴についてご紹介してまいります。

置き場所についてはこちらを参考にしてみてください!

水槽の置き場所はどこがよいのか?

スポンサーリンク

小型魚の飼育をする際によく購入されている大きさは30cm、45cm、60cmが多いです。

この中でオススメするなら60cmの水槽をオススメします。

最初だから30cmの小さい水槽のほうが始めやすいと思われるかもしれません。

実際に場所を取らないという意味では、その通りかもしれませんが、問題は飼育環境のほうです。

オススメの水槽はこちらです。

 

小さいサイズは維持が難しいワケ

水槽のサイズが小さいということは、水槽内にある水も少ないということです。

水が少ないということは小さな環境の変化で水質が一気に変わってしまう恐れがあります。

なので、最初だからこそ60cmの水槽を一本購入していただき

なるべく難しくないように始めていただいたほうが良いかと思います。

 

私自身、最初に30cmを購入してアクアリウムを始めましたが、

最初の立ち上げが難しい(魚が死んでしまう)のと

群泳させられないという理由で60cmを購入しました。

結局30cmのほうは繁殖の際につかったり

病気の子を治療したりするのに使用するサブ水槽になってしまいました。

スポンサーリンク

水槽の材質は「ガラス」と「アクリル」どちらが良いのか

次に水槽の材質ですが、主に「ガラス」と「アクリル」に分けられると思います。

どちらも長所、短所がありますので両方説明していこうと思います。

ちなみに60cmまでならガラスのほうが私個人は良い気がしています。

ガラス水槽の特徴

ではガラス水槽にはどんな長所や短所があるのでしょか。

長所

ガラス水槽の最も良いところは「透明度」が高く綺麗に見えるという点です。

経年劣化(年数による劣化)してもそれほど透明度が悪くなるわけではないので、

ずっと綺麗に水槽の中を見ることができます。

また、キズにも強いので、掃除の際に少し強く擦っても問題ありません。

短所

短所については、ガラスなので、アクリルに比べると重いというのも特徴です。

専用の台を買っていればそれほど問題ではないと思います。

一番大変なのは、割れることです。ガラスなので衝撃が加わると割れてしまいます。

小型魚の場合は魚がぶつかって割れるということはないので、気にしなくてもよいですが、

物が当たって割れる可能性があるので、注意が必要です。

 

アクリル水槽の特徴

アクリル水槽の長所や短所も見ていきましょう。

長所

長所は衝撃に強く割れにくいという点です。

また、ガラスに比べると軽いものが多く設置が比較的容易です。

短所

短所としては、傷がついてしまう点です。

ガラスと違い表面を強く擦ってしまうと白い傷が入ってしまう恐れがあります。

また紫外線などによりくすんだような感じになってしまうのも特徴です。

 

まとめ

最初に揃えるのに適しているサイズは60cm水槽がオススメです。

理由としては、水量が多いので、水質の変化が緩やかになり維持しやすくなるためです。

また材質にかんしては、60cmくらいまでだと

ガラス水槽の方が安価で購入できることが多く、

それ以上の大きさだと加工のしやすさからアクリルのほうが安価になります。

小型魚観賞用ガラス水槽

大型魚飼育用アクリル水槽

というようなイメージで使い分けていただけると良いかと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください