アクアリウムも安全に!!水槽台の選び方

アクアリウムはじめ方ガイド水槽台の選び方!

アクアリウムを始める際に水槽やフィルター、照明なども重要なアイテムですが

一見見落としがちなのがこの水槽台です。

ここでは、何故水槽台が必要なのか、

どういった場所にどういったものを設置すればよいのかをご紹介します。

スポンサーリンク

アクアリウムを始めるときの必需品の1つが水槽台です。

理由としては、水槽は意外に重く、家にある家具の上においたりすると

重量に耐えらず崩れてしまったりする可能性があるためです。

特にメタルラックは僕のまわりでも使っていた方が多いので注意してください。

 

メタルラックがダメな理由

水槽の重さに耐えられるメタルラックであればなんの問題もありません。

しかし、一般的に売られているメタルラックでは重さに耐えられません。

良くて30キロくらいでしょうか。

注意していないと崩れてラックも水槽もダメになってしまいます。

特に安価で売られているメタルラックだと留め具がプラスチックでできていたりするので、

割れてしまえば悲惨なことになります。

 

水槽の重量を知ろう

水槽の重さはどのくらいになるのでしょうか。

60cm水槽の場合で水槽だけで60キロにもなります。

90cm水槽だと160キロほどになります。

この重さに耐える必要があるので、専用台を用意した方が良いでしょう。

 

設置場所の注意点

水槽を設置する場合60cm水槽だけで60キロそれに加えて

水槽台も30キロ近くします。

更に、フィルターや照明など合わせて100キロほどの重量に耐えられる場所を選ぶ必要があります。

どのような場所に置けばよいのかはこちらでご紹介しています!

水槽の置き場所はどこがよいのか?

 

床の耐荷重

ですが日本では1㎡で180キロ耐えられるように床を作らなければいけません。

なので、一般的な家なら60cmまではあまり考えなくても設置することが可能です。

この部分は住んでいる家などによっても違うので、確認するようにしてください。

スポンサーリンク

水槽台選びのポイント

では実際に水槽台を選ぶ場合どういったものが必要になってくるのでしょうか。

水槽台は水槽と同様に一度設置してしまうと簡単に交換するというわけにはいきません。

なので、水槽と同様にこだわった方が良い部分だと言えます。

 

サイズを合わせて買う

水槽台と検索をかけて貴方が買うつもりのサイズ、もしくは持っているサイズのものを選ぶようにします。

そうすれば余裕を持った耐荷重設計になっていますので、問題なく使用することができます。

できれば扉付きのものを選ぶ

こちらは必須事項ではないですが、水槽台はかなり見た目に影響を与えます。

なので、できるだけフィルター等は見えない場所に置いた方が見栄えが良くなります。

僕自身も60cm水槽を使っていた時は扉付きの水槽台を設置して

その中に外部フィルターを隠して使用していました。

またオシャレな感じを出すのであれば統一感を意識すると良いかもしれません。

水槽のフレームが黒であれば水槽台も黒にしてみるとか

細かいですが統一した方が見栄えが断然良くなります。

水槽の選び方はこちらでご紹介しています!

水槽の選び方

 

初心者はガラス台を選ばない方が良いワケ

また、ガラスの水槽台というものも存在します。

ですが、こちらは水槽を立ち上げて色々な作業に慣れてから使用した方が良いと思います。

というのも過去に綺麗だからとガラス製の水槽台を設置していた方が

フィルターをぶつけて(たぶん落としたんだと思います。)割ってしまい。

大惨事を引き起こした方がいらっしゃいました。

特に最初のころは慌てて作業したりすることが多いので

すごく綺麗でかっこいいのはわかるのですがこういったデリケートなものは控えたほうが無難だと思います。

 

まとめ

水槽台はサイズを見極めて用意する

床の耐荷重を確認する

メタルラック等には水槽を置かないようにする

というようなことを考えて設置すればよいかと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください