熱帯魚が群れない!群泳させるコツとは

アクアリウム目一杯たのしもう!群泳をさせるコツとは

熱帯魚を飼うときに群れて泳いでいる姿がキレイだから始めてみようと思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、いざアクアリウムを始めてみると全く群れで泳いでくれなかったり、

熱帯魚がバラバラの方向を見て泳ぐのであまりきれいに見えなかったりすることはありませんか。

ここでは、熱帯魚を群れで泳がせるためのコツをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

水槽をまとまって泳ぐ姿ってすごくきれいな光景です。

そして群泳させようとして例えばネオンテトラだけを何十匹と入れたりしていませんか?

実は群れて泳ぐのには意味があるんです。

群れて群泳するには1種類の熱帯魚を入れるだけでは非常に難しいです。

何故かというと、群泳は身を守るための行動であったりするからです。

昔にスイミーというお話を見たことはありませんか?

群れて大きい魚に見せるというお話です。

これがそのまま群泳にあたります。つまり、熱帯魚たちに程よく危機感を持たせることが出来ればキレイな群れを作って泳いでくれます。

 

群れる魚やそうでない魚などの種類はこちらにまとめています!

熱帯魚でも複数で飼えるものとそうでないものがいる!

 

一度に飼える数も大まかに知りましょう!

60cm水槽で一度に何匹飼える?

 

群泳に向いている?群れて泳いでくれる熱帯魚

ペットショップなどに行ってきいてみても、群泳に適しているのは

小型の熱帯魚のほうが多いです。

それは上記の理由で群れて生存率を上げるための戦略だからです。

その中で、群泳させやすい熱帯魚を見ていきましょう

 

ネオンテトラ

群泳のイメージといえばやはりこの魚ではないでしょうか。

緑色に赤いラインが入った鮮やかな魚です。

中層あたりを泳ぎ回っているので、よく目立ちます。

カラシン系の説明はこちらでしています!

小型カラシンとはどんな魚なのか

 

ラスボラ・ヘテロモルファ

僕の個人的なお気に入りです。

実は小さな鯉の仲間です。体色は茶色に黒い模様が入っていて

少し地味なのですが、水草水槽と合わせると非常に水槽内を引き立ててくれる実はすごい子なんです。

ネオンテトラと同じ層で泳いでいることが多いです。

 

コリドラスピグミー

コリドラスの中でも小型の種類です。

小さいだけあって、混泳させるとすぐに群れで泳いでくれますが、

低層を泳ぐことが多いので、見た目的には地味かもしれませんが、

泳いでる姿は非常に愛くるしいので、癖になるかもしれません。

また、繁殖例もあるのでそういった楽しみ方も出来るかもしれません。

魚の泳ぐ層に関してはこちら!

遊泳層について知ろう!!

スポンサーリンク

 

少し大きめ?群泳させるときのオススメ魚

群泳をさせるのであれば、少し体の大きい魚を入れてあげれば、熱帯魚は群れてくれるはずです。

そのときにオススメの魚をご紹介します。

 

エンゼルフィッシュ

こちらは大きさによりますが、少し大きい程度であれば、一緒に入れてあげれば

群泳をしてくれることが多いと思います。

ただし、エンゼルが大きくなりすぎると小型魚は格好のえさになってしまうので、

ある程度の大きくなったら隔離が必要かもしれません。

僕も帰ってきたらエンゼルの口からテトラの尻尾がでているのを目撃して

ショックを受けたことがあります。

また繁殖も狙えるので、こちらも楽しみがあると思います。

 

エンゼルフィッシュの飼育方法はこちら!

エンゼルフィッシュ飼育の仕方とは!?

エンゼルフィッシュの繁殖方法はこちら!

エンゼルフィッシュの繁殖方法とは!?

 

ドワーフグラミー

僕はこちらのほうをおすすめします。

基本的には上層付近を漂うように泳いでいる熱帯魚です。

体はおおきくなるのですが、僕が飼った子たちは非常に大人しくて

適度に存在感があるので、群れも崩れずにキレイな群泳になりました

色も鮮やかですし、繁殖も狙えるので、飼っていて楽しい魚だと思います。

 

まとめ

群れて泳がす群泳はアクアリウムを始めて最初のころにぶつかる壁でもあると思います。

群れて泳いでもらうためには適度に危機感を持たせること。

そのために、凶暴すぎない体の大きな魚を入れてあげましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください