ブラックウォーターのつくり方と効能

アクアリウム目一杯楽しもう!ブラックウォーターとは

ペットショップなどでブラックウォーターという言葉を聞いたことはありませんか?

このブラックウォーターというのは茶色い色をした水のことを言うのですが、

実は結構すごい水なのです。

ベタなどが好んでいる水質にもなりますので、ぜひこのブラックウォーターを知ってください

スポンサーリンク

熱帯魚ショップなどで、たまにブラックウォーターという単語を目にしませんか。

または、水槽の水が茶色っぽく濁っている水槽を見かけた事はありませんか。

これがブラックウォーターの正体です。

ブラックウォーターとは流木などから成分が溶け出して色がついたものです。

フルボ酸や腐植酸という成分が主成分になります。

更に腐植酸の中にはタンニンという革のなめしにも使われる成分が入っており

色を付けている原因だったりします。

 

ブラックウォーターの効能

 

ブラックウォーターには抗菌・殺菌作用があるので、意外とすごいやつなのです。

フルボ酸や腐植酸などの中に抗菌・殺菌作用がある成分が含まれています。

なので、感染症などの病気などにかかり辛くなります。

また、水質を弱酸性に傾けてくれるので、魚の住みやすい水にする事ができます。

 

ブラックウォーターの注意点

 

抗菌作用があったり、水質を酸性に保ってくれたりしますが、

ブラックウォーターは良い事ばかりではありません。

以下のような注意点もあります。

 

フィルターを使っていると効果がなくなる

実はろ過の中でも科学ろ過がブラックウォーターと相性が悪いです。

特に活性炭などは、ブラックウォーターの成分を吸着して除去してしまうので、立ち上げた際には注意が必要です。

なので、ベタなどの普段からフィルターを使うことが少ない熱帯魚には非常に有効です。

 

ろ過について詳しくはこちら!

フィルターが行っている仕事とは!?

 

水草が育ちにくい

水が茶色っぽくなってしまうので、光が届きにくくなってしまいます。

なので、光量が必要な水草などは避けて飼育するようにしないと

うまく育てることができないということが起こる可能性があります。

なので、水草などを一緒に入れる際には、

光量が少なくても育つ水草などと一緒に入れてあげるとよいかと思います。

水草飼育!初心者が育てやすい水草とは

 

ろ過バクテリアの効果が下がる

 

抗菌作用がろ過バクテリアにも効果を発揮してしまい、ろ過効率が少し鈍ってしまう事があります。

全く効果が無くなるわけではありませんが、バクテリアが活着してから

ブラックウォーターにした方が良いでしょう。

 

ろ過について詳しくはこちら!

フィルターが行っている仕事とは!?

 

ブラックウォーターのつくり方

 

ではブラックウォーターを実際に作る場合にはどうすればいいのでしょうか。

ブラックウォーターの成分は主に、植物からとれるものです。

なので流木を買ってきて入れておくのも良いのですが、

それだとあく抜きされている流木の場合

ブラックウォーターに必要な成分がすでに抜けているため全く意味がありません。

そこでおすすめなのが、マジックリーフというものです。

こちらは枯葉のようなもので、沈めておけばブラックウォーターが出来上がる優れものです。

実際にブラックウォーターを作る際には難しいことはありません。

上記の葉を少しもんで、水の中に入れるだけです。

分量は適当でしたが、葉っぱ1枚分を1回分として入れていました。

そして、成分が溶けだし水が茶色くなったら完成です。

そのまま熱帯魚を入れてあげれば飼育ができます。

また、水が減ってきた場合にはカルキ抜きを行った水を足せば

ブラックウォーターを問題なく維持することもできます。

色が薄くなったりしてきたら、葉を入れ換えてあげるだけです。

僕は目安として1月に1回くらいのペースで換えていました。

 

ブラックウォーターを好む魚

 

ブラックウォーターは様々な魚が好む水です。また、抗菌作用もあるので、

産卵した水槽の水に使っている方もいるようです。

主に好む魚はベタ、ディスカス、グラミーの仲間がブラックウォーターを好みます。

スポンサーリンク

 

まとめ

ただマジックリーフを入れておけば作れるブラックウォーターですが

効果は非常に高く、安定して酸性の水質を作れます。

知っているようであまり知らないブラックウォーター

簡単に作れますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください