土に植えるだけが水草じゃない!水草の成長方法を知ろう!

 

ここまで水草の準備についてさまざまにご紹介してきました。

しかし、水草はただ土に植えるだけのものだと思っていませんか?

ここでは、水草の分布を少しご紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは、水草をどのよう育てればよいのかを知りましょう。

実はただ、植えるだけではなく、浮かべておくだけで育つものなど

水草によってさまざまです。

そんな水草の育て方を種類に分けてご紹介します。

 

沈水(ちんすい)植物

一番オーソドックスな水草らしい水草といえます。

水草全体が水の中に沈んでおり、水の中で草が成長するものがこの沈水植物にあたります。

大体ペットショップなどで購入し、植えるような植物はこれに該当します。

 

抽水(ちゅうすい)植物

根の部分は水中に植わっていますが、葉の部分が水面から

飛び出すような育ち方をする水草がこの抽水植物です。

前の記事で水上葉、水中葉という説明をしましたが、この植物が丁度

どちらの葉も展開できるものが多い種類になります。

 

浮葉(ふよう)植物

こちらは抽水植物似ているのですが、

葉の部分が水面に浮くような形で成長する水草です。

すいれんの葉を想像してもらえるとわかりやすいかと思いますが、

水面に浮いていますが、根は水中でしっかりと植わっています。

このような植物のことを浮葉植物といいます。

スポンサーリンク

浮遊(ふゆう)植物

字面だけ見ると手品のような植物に見えないこともないですが、

そういうわけではなく、根を張らずに水の中を浮いた状態で成長する水草のことをさします。

よく浮き草などといわれていますが、これがそのまま浮遊植物のことをさしています。

 

それ以外の植物も存在する!活着(かっちゃく)性とは!?

上記の植物は土に根を張るか張らずに、浮遊して成長するものばかりでした。

しかし、それ以外にも水草には活着というものがあります。

活着というのは、流木や石などレイアウトとして入れたものに対して

根を張らせて取れなくするようなイメージのものです。

土ではなくそれ以外のものに少し無理やりではありますが、引っ付けてしまって

育てるというのが活着です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

水草と一口に言ってもさまざまな育て方があったと思います。

まだ、実際に水草をどのように植えるかなどはご紹介できていないので、

この知識を元にイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください