尾びれの模様にもいろいろな呼び方がある!グッピーの模様を知ろう!

アクアリウムグッピーガイド尾びれの模様について

尾びれの形については前回別の記事でお伝えしました。

意外と細かい!?グッピーの基本的な尾びれについて知ろう

今回はそんな尾びれの中でも模様に着目してご紹介します。

例えば黒い斑点がついていたり、シマシマな模様が入っていたり、それぞれに実は呼び名がついているんです。

お店に行ったときにこんな模様のグッピーがほしいなんて言えたら少し鼻が高くなるかもしれません!

スポンサーリンク

 

グッピーの中でも尾びれが何かの色一色で非常にきれいなものもいます。

実はこれは模様がないというれっきとした種類だったりします。

その呼び名はソリッドといいます。

例えばこういったグッピーです。

 

 

 

模様の入った尾びれの種類とは!?

実はグッピーの尾びれの種類はそんなに多くありません。

あれだけ多くの模様があるのになぜ種類が多くないのでしょうか。

実はいろいろな模様というのは体の模様の延長であることが多いです。

なのでここでは純粋な尾びれの表現だけをご紹介します。

スポンサーリンク

 

モザイク

これが最もグッピーらしい模様かもしれません。

模様は黒い斑点が適当に入っているのが特徴で、規則的な斑点が入っていないという部分が特徴です。

犬で言うとダルメシアンみたいな模様だとイメージしやすいかもしれません。

更に詳しく書くと別の記事で書いた尾びれの形も厳密には決まっています。

尾びれの形はトライアングル型のきれいな三角形をしています。

しかし、モザイクはさまざまな品種と掛け合わされており、模様だけが出ている場合も多くあります。

 

グラス

こちらは小さな斑点がついているのが特徴で尾びれの先のほうに行くにつれて

芝生のように尖った線のような模様が入るのが特徴です。

また本来のグラスの尾びれはデルタテールであることが特徴で、

品種改良などによって現在ではさまざまな形の尾びれのグラスが存在しています。

グラスには更に細かな特徴に分かれており、それが芝生とガラスというように分類されています。

芝生系

芝生(グラス)のように見える黒い模様がはっきりと見えるのがこの芝生系の特徴となっています。

色が濃いのでよりはっきりとしたグラス模様を見ることができます。

 

ガラス系

ガラス系は尾びれのふちに行くほど透明に透けており美しい透明感が魅力的な模様です。

そのため、模様がはっきりとはしませんが、繊細な模様を楽しむことができます。

 

まとめ

グッピーの尾びれの模様は実は少ないということをお伝えしました。

体の模様が尾びれにも現れるパターンがあるために尾びれだけの模様と絞ったので数が少ない結果になりました。

しかし、今回お伝えしたものだけでも、ペットショップに行った際に見比べてみると面白いと思います。

ぜひ一度足を運んで実際にみてみてくださいね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください