熱帯魚でも複数で飼えるものとそうでないものがいる!

アクアリウム魚の特徴を知ろう群泳について

やはり小型の熱帯魚を買うことをイメージすると群泳させて

一体感を出した綺麗な水槽にしたいと思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、熱帯魚の中には群れで泳ぐのに適さない種類も数多くいます。

そこで今回は群泳と、それ以外にはどんな種類があるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

まずは群泳から群泳とは群れで泳ぐことです。

国語の教科書に載っていた「スイミー」を想像していただければわかりやすいかと思います。

自然界では、生存率を上げるために行ったりしているので、

実は結構合理的な泳ぎ方だったりします。

群泳する種類は比較的おとなしい種類が多く

数種類の群泳する魚を入れるとそれぞれでグループを作るので見栄えが良いです。

スポンサーリンク

同種は1匹のみでしか飼えない種類

ベタの雄などがこれに当たります。闘魚と言われるぐらい気性が荒いです。

オス同士を同じ水槽に入れるとどちらかが命を落とすまで争うので水槽内には基本1匹しか入れられません。

メスも繁殖の際以外は別水槽で飼育しますが、

なぜかネオンテトラ等とは一緒に入れても小競り合いは起こりません。

私が飼っていた個体もグッピー等と入れてみたことがあるのですが

問題なく同じ水槽で生活していました。

群泳をしない種類

水槽内に同じ種類を複数入れても良いのですが、各々が縄張りを作って群泳をしない種類もいます。

主にシクリッド系の魚がこのタイプです。

なのであまり数を入れすぎると縄張りがバッティングしてしまい

激しい小競り合いが起こってしまいます。

これを逆手にとってぎりぎり縄張りが被るくらいの数を入れて

シクリッドたちが追いかけっこする水槽を作っている方などもいらっしゃいます。

その他の種類

ほかにも同種のみで複数飼いしかできないものや

完全に単独飼育しかできない種類などもいます。

単独飼育は大型魚に多いですので、小型魚に関してはあまり考えなくても良いと思います。

また、魚には泳ぐ層が決まっており、この層を調整することでバランスよく魚が泳ぐ綺麗な水槽を作れます。

綺麗な水槽を作れるように頑張っていきましょう。

遊泳層についてはこちら!

遊泳層について知ろう!!

まとめ

熱帯魚と一言でいっても実に様々な種類特徴を持った種類がいます。

まずはどのような飼い方が適切なのかを見極めて飼育を始めると

すごくスムーズに熱帯魚にも余計なストレスをかける事なく飼育してあげられるので、

ぜひ記憶にとどめておきましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください