遊泳層について知ろう!!

アクアリウム魚の特徴を知ろう遊泳層について

水合わせを行っていただき、パイロットフィッシュも迎え入れたら、ここから本格的に熱帯魚生活が始まります。

パイロットフィッシュを購入された方は実際にペットショップに行って購入した方も多いのではないでしょうか。

そんなとき熱帯魚コーナーだとお店の方が飼育している展示用水槽を見て、水槽のイメージを膨らませた方も多いと思います。

でも、どんな熱帯魚を飼えば良いかと悩むかと思います。

そんな時に1つの目安になるのが、魚が泳ぐ場所を指す「遊泳層」です。

今回はこの遊泳層についてご紹介します。

複数飼いできるのか事前に調べる事もお忘れなく!

熱帯魚でも複数で飼えるものとそうでないものがいる!

スポンサーリンク

魚によって泳ぐ位置がある程度決まっています。

大きく分けて3つの層に分かれており

水槽の水の面積を上から3等分にわけて

  • 上層(表層)
  • 中層
  • 下層(低層)

と呼びます。

 

この層で泳ぐ魚のグループをうまく分散してあげることで

水槽全体で魚が泳ぎまわる非常に見栄えの良い水槽になります。

また、一定の場所が過密になることも防ぎますので、

熱帯魚同士のストレスも軽減してあげることができます。

 

上層(表層)

水槽内で最も上の部分を指します。

小型魚の中では比較的に大きいですが、非常に大人しい

グラミー系

モーリー系(飼い方はこちら

活発に動きまわる

カラシン系(ネオンテトラ等)

 

等が上層で泳いでいることが多いです。

カラシン系に関しては上層と中層の中間くらいを泳いでいることが多い印象です。

 

中層

水槽の真ん中あたりを中層と呼びます。

水槽の中でも一番目につく位置です。

低層以外だとほとんどの魚がこの中層付近で泳いでいることが多いです。

魚種としては、

エンゼルフィッシュ

ダニオ系

小型のコイ(ラスボラなど)

 

一部を紹介しましたが非常に多いです。

スポンサーリンク

下層(低層)

水槽の一番下の部分を指します。

主に砂に体を接地しながら泳ぐような熱帯魚が多いです。

なので、水槽の掃除役なんかにもなってくれるいい子が多いのも特徴です。

コリドラス系

ローチ系

 

大まかに分類するとこのような遊泳層の違いがあります。

他にもオトシンクルスやプレコのように壁や水草などに張り付いている種類などもいます。

ですが、上記の3層ほど意識して配置しなくても良いので、ここでは紹介しません。

 

3層の割合はどのくらいが良いのか?

これはあくまで私が飼育していた時の経験なので、多少前後はすると思いますが、

表層

10~20%

中層

40~60

低層

20~30%

 

上記ぐらいの割合で熱帯魚を選んであげると見栄えも良く熱帯魚たちも満遍なく泳いでいるので、だいたいの目安として参考にしてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください