手遅れになる前に藍藻対策をしよう!

アクアリウムはじめ方ガイド藍藻対策をしよう

アクアリウムの大敵であるコケ

今回はその中でも、爆発的に増えていき、根絶が難しい藍藻についてご紹介します。

発生させない方がよいのですが、発生してしまった場合の対処についてまとめています。

スポンサーリンク

藍藻は膜のような形状をしており、さながらネットのように発生すると

すべてを覆い隠してしまうほどの勢いで増えてしまいます。

しかも、藍藻は実は、コケではありません。

原核生物やシアノバクテリアと呼ばれる、細菌類です。

非常に繁殖力が強く、少しでも発生したら爆発的に増えていくのも特徴です。

また、非常に臭いが強く、不快なにおいを発生させる原因にもなります。

他のコケについてはこちら!

水槽の敵!!コケ・藻について知ろう!!

 

藍藻の発生場所

藍藻はガラス面や低床の間や水草などによく発生します。

更に、水草の場合だと、新芽や水草のてっぺん、成長点に発生する事が多く水草の成長も阻害してしまいます。

他には、水の流れが悪い場所などにも発生しやすいので、障害物がある場合は水が流れるか確認しながら配置するのが良いでしょう。

低床も分厚く敷いていると通水性が悪くなり、隙間から藍藻が発生する場合もあります。

他には、魚を入れすぎて過密状態になっていたり、エサやフンなどが残っている場合です。

また、水質がアルカリ性に寄っていると発生しやすくなります。

 

藍藻の発生原因

藍藻が発生する原因は

  • 購入した水草や流木、ペットショップの水に混入していた場合
  • エサの食べ残しやフンが多い場合
  • 水温変化が激しい場合
  • ろ過機能が低下している場合

等が藍藻が発生する原因となっています。

 

藍藻の除去方法

藍藻は除去するのが非常に困難です。

発生してしまった場合はホースを使用して、藍藻を吸出します。

またその際に水も半分ほど替えてしまいましょう。

これを根気よく繰り返します。

間違っても、網ですくう事はやめてください。

千切れたりして細かくなった藍藻が散らばりいたるところで発生するようになってしまいます。

もはやテロです。

 

藍藻の対策方法

藍藻はろ過機能が低下する事でも発生します。

なので、ろ過フィルターを定期的に洗浄するなどして、ろ過能力が衰えてしまわない様にします。

また、市販のバクテリアを多めに入れてみるのも効果的です。

それでも無くならない様でしたら、フィルター等を新しくしてしまい

藍藻が付着していない状態に戻してしまいましょう。

また、藍藻はアルカリ性だと発生しやすいのでできるだけ弱酸性に

水質を保つようにすると発生が抑えられます。

 

スポンサーリンク

藍藻が発生してしまった場合

 

藍藻が発生してしまった場合は1週間ほど、段ボールや新聞紙で囲って光を遮断します。

これで消える事がよくありますが、注意点は水草を入れている場合は

水草が先に枯れてしまう恐れがありますので、注意してください。

この時、エアレーションも同時に行うと更に効果的です。

 

藍藻を食べてくれる仲間!

 

藍藻が発生してしまった場合、意外にも食べてくれる仲間が結構います。

 

アオミドロを食べてくれる仲間は

エビ類や貝類が全般的に食べてくれます。

また、モーリーを投入すると良く食べてくれます。

 

モーリーについてはこちら!

モーリーの飼育方法とは!?

 

まとめ

藍藻は、油断するとすぐに爆発的に増えてしまいます。

こまめに水換えをするのが、最も安全です。

また、どうしても消えない場合はリセットする事を視野に入れて

じっくりと時間をかけて駆除していくようにしましょう。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください